絵本作家の日々
五月真ん中
友達親子が遊びにきました
子ども二人連れで
女の子たちだけれども うちの子と歳も近く
三人でわいわい遊んでくれて
大助かり!!

夜は部屋中布団を敷き詰めて
みんなで眠る(旦那だけ仕事部屋で寝てもらう。ごめん。)
母親同士は夜更けまで話が尽きず
暗闇の中 お互い布団に入って
ぼそぼそ喋りつづけ。
きりがないので もう寝よう と無理矢理寝る

そういえば
友達が帰った次の日
息子の髪の毛を切った。
つんつるてんに。
そしたら さらに次の日 39度超えの熱。
やばい 切りすぎたか!
そして今日は熱も下がり 安心してたら
今夜は38度5分。
ですよね〜
明日はどうかな

今日 ふと思った
私 今 育児が一番したいことになっている
本は読むし 文章も書くけど(でも育児日記みたいなもん)
絵はここのところ 集中して描く時間は皆無
なので いつか 自分だけの時間がくるさ と思っている
でも 今日ふと子どもが昼寝した時に
描きたい絵について 色々考えた

あれ どんな絵が描きたいのか出て来ない

もちろん 「こんな感じがいいかな」「あんな感じがいいかな」
とゆうのは沢山出てくるけど

がっつり「絶対絶対こうがいい!!」
と言う情熱をもった何かが足りないのだ

日々 こつこつ 情報を集めて
模索して行けばいいだけの話ですが

それをするには うちのモンスターがかわいすぎて
集中出来ない日々なのです

「あ・・・わたし今育児が趣味なんや。」

そう思った時 なんか ちょっと 風が吹いたような。


でも 言っときますけど
家事も育児もダメダメ母ちゃんです
すみません






















 
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>